切れ痔 体質改善

picture
20代の独身女性です。私は25歳ではじめて切れ痔になりました。

 

ある日トイレで大をした瞬間に肛門にチクッとした痛みが走りました。

 

そしてトイレットペーパーにうっすらと血が。これは、と思い、鏡で確認すると、切れ痔。

 

それまで「痔」といえば、もう少し年齢を重ねてからなるものだと思っていたので、かなり衝撃を受けました。

 

調べてみると、最近はむしろ若い女性に痔が増えているとのこと。理由としては、偏った食生活による栄養不足や食物繊維不足による便秘。また生理によるホルモンが便秘を招くこともあるとのことです。

 

そこで、しまった、と思ったものの特に何も対処しないでいたところ、その後数日肛門に痒みが残り、しかも度々再発するようになってしまいました。

 

その時はトイレに行くのも少し怖くなってしまいました。

 

切れ痔がだんだんクセのようになってきてしまい、いよいよ困った私はなんとか切れ痔を克復しようと、改めて改善案を調べることにしました。

 

本来であれば病院に行くのが一番よいのですが、私はどうしても痔で病院に行く勇気を持てず、自力で克服することに。

 

しかしながら、そういって病院に行かないために痔を酷くしてしまう女性はたくさん居るらしいので、世間一般の方はぜひ勇気を持って病院に行ったほうが良いと思います。

 

私が実践したのは、食べるものの改善でした。

 

便秘気味で、便も硬めだったため、これを機に食べ物を改善することにしました。

 

まず、コンビニ弁当やファストフードなどを減らし、なるべく栄養のあるものを作って食べることにしました。

 

次に、ワカメやメカブなど、海藻類や根菜類などの食物繊維の多いものを摂ることにしました。

 

ここまでで、それまで悩んでいた肌荒れがまず改善され、便の回数も3日に1回から2日に1回程度になってきました。

 

また、腸内環境を整えることも痔の改善には良いということで、ヨーグルトや納豆を積極的に食べるようになりました。

 

ついでに、水分も適量飲むことで、これまでよりも身体に潤いも取り込めるように。

 

これらの食生活の改善を3ヶ月に渡って取り組んでいった結果、毎日決まった時間とまではいきませんが、お通じの回数や規則性が格段に改善され、肌のツヤも以前よりよくなり、なにより身体的にも精神的にも健康になりました。

 

それ以降も、食生活だけでなく、規則正しい睡眠や適度な運動を心がけるようになっています。

 

きっかけは切れ痔でしたが、自分の健康を見直すいいきっかけになったと思います。

 

参考:見張りイボは治る!※私はこの方法で1ヵ月間で完治しました